福島大学 東日本大震災後の復興支援プロジェクト「Koi 鯉 アートのぼり」プロジェクト進行中!

 

Koi 鯉 アートのぼり  Art Koi-nobori

※. 画像をクリックすると大きなイメージでご覧いただけます。

 

 東日本大震災後、福島大学 芸術による地域創造研究所では幼児、小学生にたいするアート支援プログラムとして、「鯉のぼり」を復興のシンボルになぞらえ、震災後の支援活動を実践してきた。
 鯉は里の魚である。里は「田(農地)」の神を「土(杜)」で祭る意味がある。急流の滝を登りきる鯉は、登竜門をくぐり、天まで昇って龍になる「登竜門」(古代中国の故事)を元に、江戸中期には、庶民が絵幟の「鯉の滝昇り」から吹流しの「鯉幟」を開発した。福島では今も端午節句に伝統的な肉筆(手描)の「幟旗」を飾る伝統があり、福島県指定の伝統的工芸品となっている。
 「鯉のぼり」は、江戸初期から描かれてきた最も古い図柄の一つであり、子どもたちの立身出世、成功祈願の意味が込められている。鯉が龍となるように、明日に向かって登るエネルギーを、子どもたちと一緒に育くんでいく象徴的な意味合いも持つ。
 震災後、福島では今も放射線の心配から、子どもたちが外に出ることが難しい状況でもある。福島の街は「がんばろう!日本」と大量に印刷された旗が飾られている。本企画を通して、子どもたちの内なる思いを発露させると同時に、福島の子どもたちと互いに関わりをつくる活動を行っていきたい。福島住民にとって余震や放射能という「目に見えないもの」の影響力、不安な気持ちを、美術という「目に見えるもの」の力によって勇気づけ、支援していきたい。

 

 東日本大震災の避難所や学校園で、子どもたちと一緒に鯉のぼりを作る活動をしております。これは、子どもたち自らが生み出す活動です。 「鯉のぼり」を契機に、子どもたちが互いに関わりをつくる、人と人のつながりをつくる場として捉えております。
 子どもたち自らがもの作りの楽しさ、発信することの重要性、土地を考え、「場」を新たに生み出せる循環的な活動に転換できることを願っております。

 

 今回の多くの方々からお心遣いが寄せられています。
 子ども達にとっても不安な「目に見えないもの」の影響力を、美術という「目に見えるもの」を通して、支援できればと思っております。
 なお今後、落ち着きましたら私どもの方で何か出来ることがございましたら、何なりとお申し出下さい。
 長期戦になることも予測しながら、一歩づつ歩いていきたいと思います。 まずは御礼とご報告致します。

 

[ これまでの開催 ]

  • 2011年 4月 5日 福島大学体育館(避難所)
  • 2011年 4月 8日 福島大学体育館(避難所)
  • 2011年 4月11日 さくらんぼ保育園
  • 2011年 4月16日 あづま総合運動公園総合体育館(避難所)
    / 協力:群馬大学、桜の聖母短期大学
  • 2011年 4月18日 さくらんぼ保育園
  • 2011年 4月18日 福島市佐原小学校
  • 2011年 4月20日 福島市佐原小学校
  • 2011年 4月23日 15:00~ 福島大学体育館
    / 協力:奈良美智(画家)
  • 2011年 4月24日 15:00~ あづま総合運動公園体育館(避難所)
    / 協力:徳雅美教授(カルフォルニア州立大学)
  • 
2011年 4月25日  9:00~ さくらんぼ保育園
  • 2011年 4月25日 15:00~ あづま総合運動公園体育館(避難所)

    / 協力:ヤノベケンジ、椿昇
  • 
2011年 5月6日  13:00~  福島大学
             14:30~ 福島市立佐原小学校
             16:00~ あづま総合運動公園体育館(避難所)
    / 主催:ラジアンリミテッドF、江崎グリコ
     特別協力:やまだひさし(ラジオDJ)、HOME MADE家族(ミュージシャン)
  • 2011年 5月21日 13:00~「Koi 鯉 ハッピー ショー」あづま総合運動公園総合体育館(避難所)

    / 特別協力:奈良美智(画家)
  • 2011年 5月29日 13:00〜「ダンスワークショップ」あづま総合運動公園総合体育館(避難所)

    / 特別協力:舘形比呂一(舞踏家、ザ・コンボイ メンバー)、一美組 斉藤一美
  • 2011年8月12日~9月4日 展示、ワークショップ
「あそVIVA☆びじゅつかん」福島県立美術館
    / 主催:福島県立美術館、福島大学芸術による地域創造研究所


[ 福島県外から ]

  • 川越市立美術館
    子どもプログラム ワークショップ「鯉アートのぼりをつくろう」
    4月30日に制作された作品は、福島に送られ、市街地に飾られます。
  • 『南相馬の人たちと巨大メッセージ鯉のぼりを作ろう!』
    講師:前沢知子(東京造形大学)
    会場 : 天竜峡交流館の大広間(フリールーム)と芝生の広場(雨天時は室内のみ)
    時間 : 2011年5月4日午前10時から (90分程度)
    対象 : 乳幼児~大人(子どもは親子参加)、南相馬市、飯田市などの方々)
    [ 主旨 ]
      飯田市に避難されている南相馬の方々の中には、小学生の男の子も女の子もいます。端午の節句をみんなでお祝いすることを通して、避難されてる方々と、地 域の方々(大人、子ども)との交流をはかり、南相馬の方々に少しでも明るい気持ちになってもらい元気づけたいと思います。 南相馬の方そして地域の方に、青空に元気よく泳ぐ鯉をみて、未来を明るく感じてもらえればと願います。 以前「桜のメッセージカード」を交流館に届けたところ、「こういうのが本当にうれしい」との声を頂いたことを受けて企画しました。
    [ 内容 ]
      南相馬市の方々と飯田市民の方々が、一緒にメッセージ入りこいのぼりを作り、交流館に飾ります。みんなで共同制作で大きな鯉のぼりと、持ち帰りができる 鯉のぼりを作ります。交流館前の芝生の庭に大きな鯉のぼりを飾ります。そして持ち帰り用の鯉のぼりを手に、春の天竜峡を散策し交流を計ります。

 

 

  • 福島大学体育館
  • 福島大学体育館にて
  • あづま総合運動公園体育館
  • あづま総合運動公園体育館
  • 佐原小学校

※. 画像をクリックすると大きなイメージでご覧いただけます。

 

 

【 連絡・お問合せ・送付先 】

福島大学 芸術による地域創造研究所 渡辺晃一宛
〒 960-1296 福島市金谷川1番地
Tel : 024-548-8226 ( 直通 )
Fax : 024-548-3181

Koichi Watanabe
Fukushima University
Department of Arts,paiting
1 Kanayagawa
Fukushima-shi
960-1296 Fukushima   
Japan

e-mail : koichiw09@hotmail.com / koichiw@educ.fukushima-u.ac.jp
http://www.wa-art.com
http://www2.educ.fukushima-u.ac.jp/~koichiw/asca/asca_index.html