WATANABE,Koichi
渡辺晃一オフィシャルサイト
WATANABE,KoichiSUZUKI,Miki
WA-Art.com
インフォメーション
プロフィール
執筆活動
展覧会情報
ワークショップ・講演活動
作品写真
コンタクト
リンク
ブログ
トップページ
福島大学 絵画研究室ページへ福島現代美術ビエンナーレArttown in Misato 風と土の芸術祭Koi 鯉 アート のぼり プロジェクト
トップ > プロジェクト・ライフハンズ
プロジェクト・ライフハンズ
Veronica
Life Hands
Life Hands
「 Veronica2005 〜Life Hands〜 」インタビュー案内
http://www.kgs-tokyo.jp/interview/2005/050927a/050927.htm
【企画する活動の概要 〜今日的な意義について〜】
    「 手仕事は心の仕事。手のかたちは心のかたち 」 という言葉がある。
  「 手が言葉の器官に次いで、人間が自己を顕現し、自己を現実化するに至る最良の手段である 」 ヘーゲルもまた語っている。
  1990年頃から渡辺晃一は、「 手 」 を主題にし、これまで国際的に活躍している舞踊家や美術家、音楽家、思想家、科学者、スポーツ選手等、特定の職業に従事し、魅力ある活動を行っている人々を型取り、その身体的価値を継承することを目的に制作してきた。本企画の 「 Veronica 」 という名称は、キリストの聖顔布を制作した女性の名前である。そこには、見る者と見られる者、自己と他者との間にある接触、関係を、「 身体 」 を通じて獲得する意図がある。 ( 「 Veronica 」 の語源は、別紙参照 )
  従来の美術では、理想化された 「 Nude 」 ( 西洋の肉体 ) を基準として描かれることが多かったが、日本人の等身大の 「 からだ 」 を、肯定的に捉える観点もまた必要であろう。制作者側が誰をモデルにしたのか、どの様な意図で作られたのか等、制作者とモデルとの関わりもまた重要な意味を含んでいる。
  「 手 」 は個人の物語、メッセージを伝える対象となっている。 「 手 」 の魅力は、仕草や表情だけではなく、指紋や掌紋、指や手掌の姿など、身体的に様々な魅力もある。マスメディアから伝達される 「 身体 」 は、等身大の大きさ、触覚的な 「 厚み 」、皮膚に刻まれた個人の情報などは抜け落ちている。テレビの画面越しに見る身体は、視覚、聴覚的な情報を通じて、遠距離から一方通行に伝えられる。一方、「 型取り 」 を行うためには、モデルは一定時間、静止して素材と触れ合う必要がある。そのため必ずモデルとの間には同意によって、一つの関係が成立しなければならない。それは写真を見て絵を描く行為とは異なっている。モデル、制作者と鑑賞者が同時代に「生きていること」が、本企画の重要な位置を占めている。
  制作された 「 手 」 を展示することによって、等身大の 「 身体 」 と接触する機会が得られることで、自身の 「 身体 」 にたいする意識を深め、他者との新たな 「 関係性 」 を生み出すことにもなる。芸術作品は本来、作品を創作する過程や展示する行程、モデルの存在とも密接に関わっていた。本プロジェクトは、「 生きた身体 」 を通じて、渡辺は芸術表現のもつ根源的な意味を問い直そうとしている。
1) 制作の具体的な内容
  • 身体の部分(利き手)を中心に「型取り」「版」から作品を制作する。 所要時間 約30分
  • 制作された作品はその後、一同を介して展示をおこなう。   展示会場 ギャラリー、現代美術館など(長期にわたって展示できる場所)
2) 対象者
  1. 様々な領域で国際的に活躍されている文化人
  2. 日本の伝統文化の発信に貢献した者
  3. 渡辺晃一が尊敬し、興味を抱く表現者
3) これまでに制作させていただいた主な人物 ( 順不同:敬称略 )
 

靉嘔 ( 美術家 )、秋山佑徳太子 ( パフォーマンスアーティスト )、阿部一佳 ( 体育学者 )、アラン・シールズ ( 版画家 )、アントニー・ゴームリー ( 彫刻家 )、植木昭吉 ( 農芸家 )、宇野亜喜良 ( イラストレータ )、大野一雄 ( 舞踏家 )、大野慶人 ( 舞踏家 )、小田恵蔵 ( 陶芸家 )、折元立身 ( パフォーマンスアーティスト )、唐十郎 ( 劇作家、俳優 )、栗原小巻 ( 女優 )、三枝成彰 ( 作曲家 )、酒井はな ( バレリーナ )、佐藤忠良 ( 彫刻家 )、佐藤時啓 ( 写真家 )、多賀新 ( 版画家 )、建畠覚造 ( 彫刻家 )、田中英道 ( 美術史 )、種村季弘 ( 独文学者 )、田村勝美 ( 歯科技工士 )、デビッド・ナッシュ ( 彫刻家 )、中垣内祐一 ( バレーボール )、仲代達矢 ( 俳優 )、中林忠良 ( 版画家 )、西村陽平 ( 美術家 )、萩原美樹子 ( バスケット )、日野皓正 ( トランペット奏者 )、平山素子 ( コンテンポラリーダンサー )、橋本章 ( 画家 )、服部克久 ( ピアニスト )、羽田健太郎 ( 音楽家 )、布施英利 ( 美術解剖学者 )、ブレント・ウィルソン ( 芸術教育学者 )、細江英公 ( 写真家 )、松永里絵子 ( 新体操 )、松本千代栄 ( 舞踊学 )、宮脇理 ( 芸術教育学 )、宗像利浩 ( 陶芸家 )、元藤曄子 ( 舞踏家 )、山折哲雄 ( 宗教学者 )、山口昌男 ( 文化人類学 )、山下洋輔 ( ピアニスト )、湯浅譲二 ( 作曲家 )、養老孟司 ( 解剖学者 )、吉増剛造 ( 詩人 )、四谷シモン ( 人形作家 )

今後の予定 ( 承諾をいただきたい方 )

朝倉摂 ( 舞台美術家 )、大岡信 ( 詩人 )、長嶺ヤス子 ( ダンサー )、林英哲 ( 太鼓奏者 )

4) これまでの 「Life Hands」 の紹介
 

展覧会
 1995年  川口現代美術館、茨城県つくば美術館
 2000年  Tepco銀座館、北海道立帯広美術館
 2005年  スパンアートギャラリー(銀座)
 2006年  福島県立博物館

主な紹介記事
 1995年  1995年 日本経済新聞(文化欄特集)、雑誌「太陽」
 2000年  2000年 NHK衛星放送(真夜中の王国)
 2006年  NHK東北放送(特集)他

 
▲このページのトップへ
information | profile | contribute | exhibition | workshop | project | gallery | contact | link | top
©2007-2009 Contemporary Art Institute DELTA. All Rights Reserved.